「水曜日に不動産屋に行ったら、定休日だった!」
そんな経験って、ありませんか?

こんにちは。
不動産ハッカーの管理人です。

賃貸や売買を業務とする不動産会社は、水曜日が休みの会社がほとんどです。

では、なぜ水曜日が休みなのでしょうか?

それは、主に3つの理由があります。

このページでは、元不動産営業マンが語りたいと思います。

スポンサードリンク

水曜日は縁起が悪い。

まず一つ目の理由が、水曜日の「水」が、「水に流れる」という意味をもっています。

不動産会社は、契約してなんぼの世界です。契約が出来なければ、会社が成り立ちません。

「契約が水のように流れないように」との意味を込めて、水曜日を休みにしているとの話を聞いたことがあります。

したがって、不動産会社にとって縁起の悪い水曜日を休みとしています。

ただ、それはあくまで縁起の話であって、本当のところは水曜日を休みにした方が、業務上の都合が良いからです。

お客さんが休みの日に働いてなんぼの世界

二つ目の理由は、契約を成立させるためには、水曜日が休みの方が都合が良いからです。

不動産会社は、とにかく契約をしなければなりません。

契約をするには、お客さんに物件を紹介し、見てもらわなければなりません。

お客さんは、基本的に休みが土日の人が多いです。

だから、不動産会社にとっては、土日が勝負になります。

土日に向けて準備をする

営業マンは、木曜日と金曜日で、土日の営業に向けて準備を始めます。

広告を作ってチラシをまいたり、物件を下見に行ったり、お客さんに「土日に物件を見に行きませんか?」などの電話をしたりします。

そして、土日でお客さんに物件を紹介し、うまくいけば契約へと結びつけることができます。

ただ、お客さんは迷われる方も多いです。その場で即決せず、「検討させてください」と言って、その日は帰る方もいらっしゃいます。

そして、月曜日、もしくは火曜日に電話がかかってきて、「あの物件に決めます!」との電話があったりします。

もし、月曜日、火曜日が定休日だったら、お客さんの気持ちが冷める可能性があるので、水曜日が休みの方が都合が良いのです。

他の不動産会社も水曜日が休みだから

3つ目の理由は、ほとんどの不動産会社が水曜日が休みなので、それに合わせています。

不動産業界では、不動産業者同士で物件を紹介し会える仕組みになっています。

もしお客さんが来店されたとしても、他の不動産会社の物件を紹介することが出来ません。

他の不動産会社は定休日なので、紹介できるのかどうかの確認がとれないからです。

 

以上、「不動産会社は水曜日が休みの3つの理由」でした。

ちなみに、営業をメインとする不動産会社は基本的に水曜日が休みですが、賃貸管理がメインの不動産会社は、年中無休、もしくは土日が休みのところもあります。

営業会社か管理会社で、また話は変わってきます。