契約書 印鑑 イメージ写真

こんにちは!不動産ハッカーの管理人です。

不動産業者を通して不動産の売買をする場合、一般的に売買契約では実印を持ってくるようにと言われます。

では、不動産の売買契約書に押す印鑑は、実印でなきゃダメなのでしょうか?

このページでは、元不動産営業マンが語りたいと思います。

スポンサードリンク

正確には実印でなくてもOK

不動産業者は実印を持って来るように言うことが多いですが、正確には、実印でなくてもOKです。

実印でなければならない規約などは特になく、認印でも売買契約は成立します。

実印でも認印でも、法的な効力は変わりません。

では、なぜ不動産会社は実印を用意するように言ってくるのでしょうか?

その理由を以下にまとめました。

売主の場合

売主に実印を持ってきていただく理由は、以下の3つでした。

  1. 買主が売主であることを確認できる
  2. 所有権移転登記時に、法務局が照合しやすい
  3. 重要な取引であるとの意識を高めるため

では、順番に見ていきましょう。

1.買主が売主であることを確認できるため

私が勤めていた不動産会社では、実印と一緒に、印鑑証明も持ってきていただいておりました。

理由は、「売主本人」であることと、「売る意思」があることを、買主に確認していただくためでした。

買主にとって、良心的な不動産会社だった思います。

ただ、実際のところ印鑑証明でなくても、権利証や身分証などでも本人確認はできます。

2.所有権移転登記のときに、法務局が照合できるため

最後の「決済・引渡し」のときの話になりますが、司法書士が法務局で所有権移転登記を行います。

その際、実印と印鑑証明が必要となり、また、登記原因証明情報として、売買契約書の写しを提出することが一般的です。

売買契約書に実印が押してあれば、法務局が印鑑証明と照合しやすい言う理由もありました。

3.重要な取引であるとの意識を高めるため

最後に、「重要な取引であるとの意識を高めていただくため」という理由もありました。

認印よりも実印の方が、心理的に意識が高まるからです。

買主の場合

買主に実印を持ってきていただく理由は、以下の2つでした。

  1. 住宅ローンの契約時に、照合しやすくするため
  2. 重要な取引であるとの認識を高めるため

買主にも、基本的に実印を持ってきていただいておりました。

しかし、支払い方法が住宅ローンの場合は実印で、現金の場合は認印でも可としていました。

1.住宅ローンの場合

住宅ローンの契約時には、売買契約書と実印、印鑑証明が必要になります。

その際、売買契約書に実印が押してあれば、銀行が印鑑証明と照合できるからです。

2.現金の場合

住宅ローン以外では実印を使わないため、認印でも可としていました。

売主の場合は、所有権移転登記のときに実印は必要ですが、買主は不要です。

ただ、重要な取引であることの意識を高めていただくために、実印を持ってくるようお願いしていました。

私の体験談

私が新米の頃、売主買主両方に実印を持ってきていただくよう伝えていましたが、買主が間違えて認印を持ってきた事がありました。

あせって店長に聞いてみると、「認印でもいいよ」との事だったので、一安心したことを今でも覚えています。

売主は「後々キャンセルになるのでは?」と心配していましたが・・・。

売主買主ともに重要な取引であるとの意識を高めるために、やはり実印が好ましいと思います。

まとめ

長々と語りましたが、基本的には売主買主ともに実印は必要ありません。

ただ、安心な取引を行うためにも、売主買主両方とも実印が好ましいです。

 

以上、「不動産の売買契約書は実印と認印、どっちが必要?」でした。

参考になれば幸いです。