Real estate agent is looking for a new house of the young couple

不動産売買仲介の仕事って、日頃どのような業務をしているのでしょうか?

このページでは、これから不動産業界へ就職を目指している方向けに、売買仲介の営業マンの1日の業務をご紹介させていただきます。

不動産会社によって業務内容は異なりますので、私が勤めた会社の業務を例として記載します。

スポンサードリンク

1日の流れ

私が勤めた売買仲介会社の1日の流れは、以下の通りでした。

  • 8:30 出社&掃除
  • 9:00 朝礼
  • 9:10 ミーティング(新規物件の紹介や追客状況の確認、1日の行動予定の確認など。)
  • 9:30 営業活動開始
  • 19:00~21:00 帰宅

営業活動の内容は、週末に来週の1週間分の予定を立てて紙に書き、それを上司がチェックします。

そして、毎朝その日の予定を上司がチェックしてから、営業活動をしていました。

自分で戦略を考えて行動をするのが好きな人には、向いている仕事だと思います。

営業活動の内容

営業活動は、主に以下の業務をしていました。

  • 問い合わせの対応(物件案内等)
  • 顧客紹介用の物件を検索&物件下見
  • 追客(電話や自宅訪問)
  • チラシを作成してポスティング
  • オープンハウス(土・日のみ)
  • 新規売却物件の査定
  • たまに上司に同行
  • たまに社内研修

業務内容をこのように一覧にしてみると、何だか忙しい感じがします。しかし、そんなことはありません。時間は余ります。

毎日物件の下見をするほど新規物件が出るわけでもありませんし、毎日顧客に営業をかけるわけにもいきません。

新人のころは、新規売却物件の査定はさせてもらってなかったので、ポスティングやオープンハウスが主な業務となっていました。

契約が決まりやすい効率の良い営業活動トップ3

契約が決まりやすい効率の良い営業活動は、以下の通りでした。

  1. ネットや雑誌を見ての電話での問い合わせ
  2. オープンハウス
  3. ポスティング

ネットや雑誌を見ての電話での問い合わせ

ネットや雑誌を見ての問い合わせの電話に出ることが、一番効率がよかったです。

電話に出て物件を案内し、お客さんが決めてくれるといったケースが多々ありました。

ただ、電話に出るには、事務所に居ないといけません。新人が事務所にずっと居ると、上司から「暇やったらチラシでも配って来い!」と言われていました。

だから、上司が外出中は事務所で電話待機、上司が帰ってきたら外出するという戦略をとっていました。

オープンハウス

オープンハウスも契約が決まりやすく、効率の良い営業活動でした。お客さんが即決してくれるケースも何度かありました。

オープンハウスをするとなれば、準備をしないといけないので忙しくなります。新聞広告に出すチラシを作ったり、ポスティングしたり、電柱に看板を設置したりします。

オープンハウスは基本的に週末の土日に行い、1日中物件で待機していました。結構充実します。

ポスティング

ポスティングは、売却物件の周辺の戸建てやマンションに投函していました。

時間と労力を使う割りに、反響はありません。しかし、問い合わせの電話があると、決まるケースが高かったです。

申し込みが入ると忙しくなる。

申し込みが入ると、契約に向けての業務や、物件引渡し(決済)の業務を行います。

  • 顧客と蜜に連絡
  • 住宅ローン仮審査
  • 売買契約書作成(法務局や市役所、水道局に出向いて物件調査)
  • 売買契約締結
  • 住宅ローンの手続き
  • 決済(物件引渡し)の段取り(売主、買主、司法書士、銀行に連絡や事務仕事など)
  • 決済

契約が決まると、上司の機嫌がよくなるのと同時に忙しくなり、充実した日々を送ることが出来ます。

上記の業務に加えて、次の契約をするための営業活動もしていきます。

 

私が勤めていた売買仲介会社の業務は、こんな感じでした。出世するまでは、こんな感じの日々をひたすら繰り返していきます。

ノルマありの営業なので、契約が決まらないときは上司からうるさく言われて精神的にきつくなりますが、その分、契約が決まると鼻が高くなり、やりがいを感じてきます。

 

以上、「不動産売買仲介の営業マンの1日の業務内容」でした。

参考になれば幸いです!