「引っ越したいけど、ブラックだから入居審査が心配・・。」
「ブラックでも、お部屋を借りることはできるの?」

こんにちは!不動産ハッカーの管理人です。

過去にクレジットカードの支払いが滞ったり、返済するのが難しくなって自己破産や債務整理をした場合は、個人信用情報機関のブラックリストに登録されています。

「このことが、賃貸住宅を借りるときの入居審査に影響するのでは?」と不安に思っていませんか?

結論から言うと、「誰が入居審査をするのか」によります。

このページでは、管理会社に勤めていた経験をいかして、入居審査の裏側について語りたいと思います。

スポンサードリンク

「誰が」入居審査をするのか?

冒頭でも言いましたが、ブラックリストであることが入居審査に影響するかどうかは、「誰が入居審査をするのか」によります。

結論から言うと、信販系の保証会社が審査をする場合は影響しますが、それ以外は影響しません。

では、もう少し詳しく見ていきましょう。

管理会社、もしくは大家さんが入居審査をする場合

管理会社、もしくは大家さんが入居審査をする場合、ブラックリストであることは影響しません。

なぜなら、管理会社、もしくは大家さんは貸金業者ではないため、個人信用情報機関で債務情報を調べることができないからです。

あなたが記入した申込書の情報や、運転免許証などの身分証明書のコピーをもとに、入居審査を行っていきます。

調査としては、以下のようなことを行います。

  • 本人への意思確認
  • 勤務先への在籍確認
  • 連帯保証人への意思確認

提出書類としては、本人の身分証明書のコピー、住民票、連帯保証人の印鑑証明書の提出が求められます。

なかには、自営業の場合などに所得証明や確定申告書の提出を求められることもあります。

これらの審査の過程で、ブラックリストであることは、まず分かりません。

保証会社が審査をする場合

最近では、保証会社への加入を条件としている賃貸物件が増えてきました。
また、連帯保証人がいない場合は、保証会社への加入を求められることが多いです。

保証会社に加入するには、管理会社の審査に加えて、保証会社の審査もあります。

「ブラックリストであることが分かるのでは?」と思われるかもしれませんが、それは保証会社の種類によります。

保証会社にも色々と種類があり、大きく分けて以下の4つに分類されます。

  1. 信販系保証会社
  2. 全国賃貸保証業協会(LICC)加入業者
  3. 賃貸保証機構(LGO)加入業者
  4. 独立系保証会社

この中で、1の信販系の保証会社は、ブラックリストであることが影響します。
それ以外は、影響しません。

信販系の保証会社とは?

信販系の保証会社とは、クレジットカード会社が運営している保証会社です。
例えば、有名どころでは以下のような会社があります。

  • 株式会社アプラス
  • 株式会社エポスカード
  • オリエントコーポレーション
  • 株式会社ジャックス
  • 株式会社セディナ
  • 株式会社ライフ
  • 株式会社セゾン

信販系の保証会社が審査をする場合は、まず100%通らないでしょう。
個人信用情報機関で債務情報を調べられて、OUTになります。

管理会社によっては、複数の保証会社を取り扱っているケー数がありますので、信販系は避けましょう。

では、どのようにして信販系と見分けたらいいのか。

保証会社の申込書に、現在の借金の額を記入する欄があったり、申し込み書の条項の中に「信用情報機関への登録を行う」といった記載がある場合は、信販系の可能性が高いです。

まとめ

ブラックリストであることが入居審査に影響するか否か

  • 管理会社、大家さんが入居審査をする場合は、影響しない。
  • 信販系以外の保証会社は影響しない。
  • 信販系の保証会社は影響する。

 

以上、「賃貸住宅の入居審査は、ブラックリストでも通るの?」でした。

参考になれば幸いです。